不特定多数の人が触れる電車のつり革やエスカレーターの持ち手など、ウィルスに感染する機会は日々の生活の中で数多く存在します

そういったものを体内にまで持ち込まないように、こまめな手洗いとうがいが大変重要になってくるのです。手洗いとうがいは、基本的なものではありますが、基本であるからこそ、やるかやらないかで大きな違いをもたらします。決して侮るべきではないのです。そして、体内にインフルエンザウィルスを入れないという点では、マスクも有効です。マスクをしていると口の中が乾きにくいですから、ウィルスも侵入しにくくなります。冷たい空気にさらされると、口の中はどんどん乾いてしまうので、侵入しやすい状態になってしまうため、寒い時期は鼻で呼吸するように心がけるのも有効な予防策という事ができます。さらに、屋外だけでなく、室内においても、寒い季節は空調などでかなり空気が乾燥します。ですから、加湿器を設置したり、濡れタオルを干したりして、乾燥を防ぐことも対策の一つです。最近では、小型の加湿器や、会社の机の上にも置くことのできる簡易の加湿器も数多くありますので、取り入れやすいものを積極的に取り入れ、二重にも三重にも乾燥を防ぐ対策をとることが可能です。

歳を取ると代謝が悪くなって、ちょっと食べ過ぎてしまっただけで体重が増えてしまって痩せにくい・・

かんたんテント

ハリ治療って痛いですか?

東京・千葉の永代供養墓へ行ってきました。

山梨に特化したseoサービスをご提供